花の水彩画を描きたい方はご連絡を~絵としての魅力と有名な水彩画家をご紹介~

水彩画、特に花の水彩画を描いてみたいとお考えの方は、花の水彩画家 渡辺三絵子までご連絡ください。ここでは水彩画の魅力を水彩画家の渡辺三絵子がご紹介します。

水彩画では「誰かの真似をする」よりも、自分の心に浮かんだイメージを絵にすることが大切です。花の水彩画を体験してみたいという方は花の水彩画家 渡辺三絵子が開催する水彩画教室にご参加ください。一緒に水彩画を楽しみましょう。まずは水彩画の魅力をお伝えします。

水彩画の絵としての魅力

机に置かれた水彩画と絵具

水彩画の魅力は、心惹かれる一瞬の情景を一枚の絵に込めることができる点です。

水彩画を始めたばかりの時は、デッサンや構図の取り方、水彩絵具の特徴などに戸惑うことがあるかもしれません。しかし、水彩画の魅力はやはり、心に浮かぶイメージや情景を形にできることです。この部分を意識して、実際に楽しむことを大切にしてみてください。

水彩画の絵としての魅力は、何といっても「みずみずしさ」と「透明感」です。花の水彩画家 渡辺三絵子では、透明水彩絵具を使用していますので、絵の仕上がりにみずみずしさと透明感が増します。絵の中に、花に対して感じた美しさや優しさ、凛とした誇りなど、様々な情景を表現できるように指導させていただきます。

また、淡い色から濃い色まで、浮かぶイメージの濃淡を自由に描き上げられる点も水彩画の魅力です。グラデーションで奥行きを感じさせたり、色のトーンを変えることで立体感を強調したりすることができます。

世界の有名な水彩画家

水彩画家の説明をする女性

世界で活躍した有名な水彩画家をご紹介します。感性を磨くため、色や技法の使い方を学ぶために絵を鑑賞するのもおすすめです。

ウィリアム・ターナー(1775年-1851年)

ウィリアム・ターナーの絵には様々な水彩画の技法が用いられています。その種類は、今日の水彩画の技法で使用されていないものはないほどで、水彩画の技術の発展にも寄与した人物です。1,800点の水彩画作品と10,000点にのぼるスケッチ類を残したといわれています。生涯にわたって作風を変えているので、その点にも注目して鑑賞してみてください。

ポール・セザンヌ(1839年-1906年)

近代絵画の父と呼ばれる有名な画家で、客観的に捉えた対象物を精神世界(心や頭)の中で再構成し表現しました。水彩画を描くのは1885年ほどの後半期からです。白地の部分をあえて残した絵や透明度の高い水彩絵具を使用して、対象物の透き通るような存在感を表現したものなどが見られます。

エドワード・ホッパー(1883年-1967年)

水彩画家として高い評価を受けたアメリカの画家です。印象派のような抽象的な絵ではなく、生涯を通してリアリズムに則った絵を描きました。たくさんの色を使わず、古い建物の雰囲気で人間の孤独や精神性を表現したものなどが有名です。しかし、これらが評価されるようになったのは彼の死後のことでした。

花の水彩画を描いてみたい方は花の水彩画家 渡辺三絵子にお問い合わせを

花の水彩画を描いてみたい、心のイメージを表現できるようになってみたいという方は、花の水彩画家 渡辺三絵子にご連絡ください。デッサン、構図の取り方、そして透明水彩の技法、花びらや葉の描き方など、丁寧に指導します。

まずは難しいことを考えずに描いてみることが大切です。水彩画教室も開催していますので、お気軽にお問い合わせください。

花の水彩画を描きたい方は花の水彩画家 渡辺三絵子へ

サイト名 花の水彩画家 渡辺 三絵子
住所 〒274-0073 千葉県船橋市田喜野井3丁目11-11
TEL 090-7728-4143
FAX 047-465-1020
担当者名 渡辺 三絵子
お問い合わせメール mieko.suisai@gmail.com
URL https://mieko-suisai.com/